ライ角とは?

服やシューズをサイズで選ぶように。クラブ選びは「ライ角」が基本です。

ライ角とはソールの中心が地面に接するように構えたとき、シャフトと地面の間にできる角度のこと。
この角度がアップライト(トゥ側が浮いた状態)になるとボールが左方向に曲がりやすくなり、
逆にフラット(ヒール側が浮いた状態)な場合はボールが右方向に曲がりやすくなります。

ライ角

スイングで変わる、人それぞれの適正ライ角。

ライ角はゴルファーの身長や腕の長さだけでなく、スイング軌道によっても適正な角度は当然変わります。

アップライトなスイング軌道であればライ角を大きく(アップライトに)、フラットなスイング軌道であればライ角を小さく(フラットに)調整する必要がでてきます。

もし、いまお使いのクラブがあなたのスイングにマッチしていなければ、フェースがトゥ側・ヒール側のいずれかに傾いた状態になってしまうため、真っ直ぐにボールを飛ばすことがやはり難しくなるのです。

球筋が良くなるだけでなく、飛距離アップの効果も。

ライ角を適正な角度に合わせれば飛びの方向性が断然良くなることはもちろん、ボールがスイートスポットに当たりやすくなるため、飛距離も伸びるようになります。
服やシューズを買うときに、まず自分に合ったサイズのものを選ぶように、ゴルフクラブも自分にあったライ角のものを選ぶことが大切なのです。

ミズノのアイアンなら上級者モデルから、アベレージモデルまでライ角対応可能なモデルを幅広くご用意。
あなたにベストマッチする一本が、きっと見つかります。

JUKO.INオープンへ 八戸重工商事へ